ウォーターサーバー 人気

ウォーターサーバーのダイオーズの必要なレンタル価格

ウォーターサーバーを選ぶのであれば、価格を最小限に抑えたダイオーズがオススメです。
ダイオーズのウォーターサーバーは、企業のオフィス向けに紹介されていたのですが、現在は家庭でも気軽に利用できるようにレンタルの幅広く展開しています。
ダイオーズのウォーターサーバーの価格は、一か月のレンタル料金は840円になっており、ウォーターサーバーに設置するボトルの価格は5ガロンボトル19リットルで1995円、3ガロンボトルは12リットル2本で2520円で販売されています。
ただしダイオーズの場合は他のウォーターサーバ業者と違い、基本的に企業向けにウォーターサーバーをレンタルしている会社ですので、明確な値段が表記されていません。

 

理由は企業によって利用する量も違いますし、他にコーヒーも同時に契約している場合もあり、地域によってレンタル料金に違いが生じているために明確な価格をホームページ上では公開せずに、問い合わせをした人に直接ウォーターサーバーの価格を表明するという形になっているのです。

 

もちろんその分ウォーターサーバーの価格について、交渉する余地もあると考えることができますから、お近くのダイオーズに電話をしてみるといいでしょう。
ちなみにダイオ―ズのウォーターサーバーを利用する人の中には、他社はミネラルウォーターを利用している場合が多いのですが、ダイオーズの場合はピュアウォーターですので、赤ちゃんにも安心して利用することが可能な部分で選択しているのです。

オフィスウォーターサーバーをダイオーズで利用した時に発生する料金

オフィスレンタルコーヒーで有名なダイオーズでは、オフィス、家庭用のウォーターサーバーレンタル事業にも参加しています。
ダイオーズが提供するウォーターサーバーには、床置きタイプのものと卓上タイプのものが用意されているのですが、どちらも同じお水ボトルを利用することができるので、設置する環境に合わせて選択をするといいでしょう。

 

ただしダイオーズの公式ホームページでは、ウォーターサーバーの料金を確認することができません。
よくあるお問い合わせにも記載がないのですが、コーヒーサービスの欄にある料金についての回答を読んでみたところ、利用料金は利用する人数や消費量によって異なりますので、ウォーターサーバーも利用する地域によって料金に差が出る可能性があるでしょう。

 

これはオフィス用と家庭用で利用料金が異なることが原因で、詳しい料金を確認したい場合はダイオーズに直接問い合わせるしかないでしょう。
ちなみにダイオーズを利用している人のブログを確認したところ、ウォーターサーバーレンタル料金が1か月800円、5ガロンボトルが1995円、3ガロンボトルが1260円になっており、オフィスで利用する場合は4410円という料金で利用している人がいました。

 

しかしこれは消費税が5%だったころの記事になりますので、現在は表示している料金よりも若干高い料金での利用になっていることでしょう。
ダイオーズは基本的にオフィス向けの商品を取り扱っている企業ですので、自宅でウォーターサーバーレンタルができない地域もありますので、まずが利用できる地域であるか、利用料金はどの程度になるか、ダイオーズのフリーダイヤルに電話をするのが確実です。

ダスキンのウォーターサーバーにはキャンペーンがない

ウォーターサーバーの決め手といえば、やはり契約時のキャンペーンに引かれてという人が半数以上います。
新規申し込みの場合は初期費用が無料だったり、ウォーターボトルが無料プレゼントされることが殆どなのですが、中には一切キャンペーンを展開せず、商品の魅力一本でウォーターサーバーのレンタル事業に参加している会社があります。

 

それはダスキンであり、ダスキンではウォーターサーバーを契約した時に特典を付けるなどのキャンペーンを行っていません。
不定期でウォーターサーバーに利用することもできるし、レンタルサーバーを利用しなくてもそのまま利用することができるお水のプレゼントキャンペーンを行っている場合もありますが、基本的にはレンタルサーバーやお水の定期購入を申し込んだからと言って特典やキャンペーンという方法を採用していません。

 

それだけ商品に自信があるという現れになるのですが、他のメーカーのダスキンの大きな違いとしては、お水だけでも利用できる仕組みを作りだしている点や、レンタルサーバーを自社開発しているので、節電方法が温水の温度低下ではなく、温水そのものの機能を停止することができる節電機能を売りにしています。
冷水は飲みたいけど、温かいお湯はほとんど使わない家庭であれば、ダスキンのウォーターサーバー以上に魅力的な商品はなく、ウォーターサーバーの機能だけで顧客を集客することが可能になるのです。
また水も該当地域以外の物は送料がかかるというデメリットはありますが、3種類の採掘地から水を選択することができるメリットがありますよ。